住宅を売りたい~マンション売却の成功にはプロの力が必要

住宅を売りたい!と考えた時に、まず何からすればよいのか?それぞれ、売る事になった理由や現在の状況は異なる訳ですので、どのような方法で売却していけばいいのかは、ひとそれぞれ異なります。

また、同じ住宅を売る訳でも、同じマンションを売る訳でもないので、売り方については、売却物件に合わせた販促活動を行っていく必要があり、その舵を握るのが、不動産会社です。

当然、売買を行っている不動産会社の担当は、すべての人が仕事として動いているのでプロなのですが、なかには、思っているように動いてもらえない営業担当もいます。住宅の売却は臨機応変に現在最適だと思える売却活動をしていく必要があるので、機転のきく営業担当マンの力が絶対に必要です。

単純に何もなく、上手く売却できる場合もありますが、難しい物件になればなるほど、どのような売却方法を選択していくか、営業マンの力量によって成約価格に差がでてきます。

売却する状況によっては売却方法の選択が変わる

価格次第では売ってもいい!急いではいない

住宅を売りたいと考えた時に、「どのくらいの期間」「どのくらいの価格」でなど、ある程度、目安を決めると思いますが、中には価格次第で売るか決める。急いでいる訳ではないので、期間はあまり考えず納得できる価格で売りたい等、考える方もいます。

その場合の選択肢としては、「目標は納得価格で売る!」ですので、設定した金額付近で納得できる買主が現れるまで売却活動を続けて行くことになります。

不動産会社と媒介契約を結んで、売却していきますが、早く売れるケースもあれば、なかなか反応がなく、1年経っても売れないといった物件も中にはあります。急いでないわけですので、時間がかかっても粘り強く売っていくことが大切です。反応がない場合、本当に売れるか心配になり、価格を下げていこうと考えたりしますが、値下げするのは、本当に何も策がなくなった時です。反応がない理由は何なのか?営業担当はどんな営業活動をしているのか?売却物件のターゲットに情報は届いているのか?そのへんをもう一度洗い出し、原因を探っていきましょう。マンション 売却 相場を把握できていなかったり、業者の選定を間違っている場合もあったりしますので、その際は不動産会社を変更する事も考えるべきかもしれません。ちなみに媒介契約の種類によってはすぐに解約できない事もあるので、媒介契約についてはこちらで確認してください。

期間に制限がない場合は基本的には、納得した価格で購入してくれるまで買主を探しつづける事になります。

住み替え・買い替えで新居が決まっている

住み替え・買い替えでの住宅売却を考える方も多いですね。売却理由として一番多いのが、住み替え・買い替えと言われています。住み替えの場合、「売却が先か」「購入が先か」の話しになりがちですが、今回は新居を先に探す場合について考えてみます。

購入する新しい家を先に探した後に売却、もしくは同時進行で売却と購入を進めるという形をとりますが、実際には、どうしても新居の方に重きをおいてしまう為、売却活動の方がおろそかになりがちです。その結果、売却期間が短くなってしまい、十分な売却活動ができない状況に陥り、止む無く値下げして売るしかないといった状況になる可能性があります。売却期間が3ヶ月以上あるなど、十分に余裕をもっていれば、通常通り売却する事ができますが、もしも時間があまりない場合は、不動産会社との媒介契約で一般媒介契約を選択して複数の不動産会社に幅広く買主を探してもらったりなど、早く売却できる方法を考えなければいけません。または、買取保証などをしてる不動産会社があれば、ギリギリまで仲介での売却をし、売れなければ、不動産会社に買取してもらう方法もあります。買取の場合、不動産会社は再販を目的としていますので、買取価格は相場の7割程度になる事を知っておかなければいけません。

住宅ローンの支払いが遅れている、または遅れる時がある

住宅ローンの支払いが遅れたりする事がある方、ローン返済が厳しいのか、単に支払い忘れなのかどうかによりますが、支払いがきつくて遅れたりしている場合、早めに動き出してください。というのも、支払いが遅れがちになると、多くの場合、そのうち、支払いができない状況になります。

中には、他でローン返済の為に借金したりなど、ローン返済の為に借りるといった自転車操業状態になってしまいます。結果、借金が増えるだけですので、少し心配になったら、すぐに専門家に相談などすべきです。状況によっては、そのまま住む方法もありますし、売却する事になっても、色々を手を打てる状態ですので早めの行動が重要です。

ローンが残っている不動産には、抵当権が設定されていますので、支払えなくなった場合、金融機関は競売にかけて回収しようとします。多くの方が競売は避けたいはずで、何とかなると思って、そのまま頑張ろうとするのですが、「何とかなる」「ならない」は関係なく、できるだけ早めに専門家に相談しておかないと、取り返しの付かない自体になってしまいます。気持ちはわかりますが、相談した時期によっては回避方法の選択肢が増えますので、今後の事をきちんと考えて動くようにしてください。

まとめ

上記で状況の違いにおける不動産売却について言ってきましたが、状況の違いで売却の方法は異なってきます。自分自身で何とかなる場合もありますが、プロの力を借りて売却活動なり、今後どのようにすれば良いのかを相談した方がうまくいく可能性が高いです。

COPYRIGHT© 2014 住宅を売りたい ALL RIGHTS RESERVED.